渋谷区神南にある人狼スペースです。VR・プロジェクションマッピングがゲームを盛り上げます。 月~木は貸切営業(20000円、GM付き)、金~日は通常営業(1人2000円)です。 日曜午前は初心者人狼、夜は婚活人狼を開催中。初心者の方も参加しやすいと評判のお店です。

J4人狼談義「人狼の過去、イマ、そして未来」議事録まとめ版

J4人狼談義「人狼の過去、イマ、そして未来」議事録まとめ版 

 

10/17(水)19-23時@VR人狼渋谷

参加者16名(のりたま、えなみん、りょっくん、しぐれ、魚雷、あゆ、デーブ、小杉、ゲスグチ、憂那、えび、イッセイ、アヤラ、なつき、U-MA)

 

 

〇イベント概要

人狼ゲームをしない人狼イベント。人狼の今、今後についてディスカッションをするイベント

詳細 https://twipla.jp/events/341734

 

プログラム

・国歌斉唱

・自己紹介

・テーマ1「林立する人狼店舗、人狼イベントについて」

・テーマ2「今後の人狼市場の発展について我々は何をすべきか」

・テーマ3「最強プレイヤー育成講座」

 

 

国歌斉唱

のりたま「最近のVR人狼のゲスト人狼会では国歌斉唱が恒例」

しぐれ「ここで恥ずかしがるとこの後に影響するからバカになってね」

りょっくん「声量強く」

えなみん「腹から声出さないとダメだよ」

自己紹介

しぐれ
人狼というコンテンツが危機に瀕していて終焉を迎えている気がする。人狼会を週1回のペースで主催。

 

えなみん
週3,4回のペースで人狼会を主催。

5年前くらいにミステリーサークルで推理するゲームからネットで人狼をし始めたのがきっかけ。人狼のRPの舞台でたり大会でちゃっかり優勝したりするようになった。

 

のりたま
3年前に始めて、そこから多種多様な人狼イベント主催をやりそこから店長になった

インフルエンサーの力を借り、オタクだけでない人狼をやっていきたい。参加型ディスカッション形式イベントとしてやりたい。朝まで生テレビ人狼版をやりたい。

 

りょっくん
J4(えなみん、りょっくん、しぐれ、のりたまによるカリスマ人狼グループ)を勝手につくったのは僕

えなみんさんしぐれさんのりたまくん、3人とも尊敬しているし大好き
アンチがいるからこその人気

この3人と一緒に人狼で大きいことやりたいからみんな思ったこと言ってね

 

テーマ1「林立する人狼店舗、人狼イベントについて」

 

御徒町:人狼倶楽部
六本木:人狼亭
渋谷巣鴨秋葉原:人狼ルーム
池袋:池袋人狼村
渋谷:人狼ハウス
渋谷:VR人狼渋谷

主催経験者→参加者15人中8人

〇VR人狼渋谷

VR人狼渋谷は1年前にできた変わり種のお店

ゲストイベントが多くアイドルや芸能人呼んだり新しい試みしたり
内装が売りで有村昆さんプロデュース

〇池袋人狼村

スカイプ人狼出身でそのメンツがつくったのが池袋人狼村

欠けあり連続ガードありで理詰めを究極にやっていくところが良さ
ロジック勝負するならここ

人狼村のGM勢の解説が的確かつ深いところまでやってくれる
感想戦に対する時間のかけ方がすごい

〇人狼HOUSE
ふらっと誰でも行けるし平日でも2卓立っている。行きたいときにいけるのが売り。

人狼ゲームとして理詰めしていく役職全だしレンガありの感じ
多少のミスは許されるしいろんな人がいるいろんな人に出会える。

〇人狼ルーム
完全予約制でコミュニケーションゲームの側面が強い。

コミュニケーションを突き詰めて行く雰囲気重視のお店。アルティメット人狼、
人狼TLPTのファンが多い。

 

のりたま
人狼店舗がめっちゃできている中で客の奪い合いとか分散

人の集まらない店舗やイベントが出てくる中でどうしていくか
どういつところに行って選んで行くか議題

ゲスグチ
趣味でやっているから特に思うことない

あゆ
知らない人が多いところ定石のわからないルールには行きにくい

魚雷
東京は人狼会イベントが多すぎる 地方ではあり得ない

地方は必ず1箇所しかないから人集めるところから難しさがある

分散しているからこそ選べるから身内感が強く出てしまうのは東京ならでは

地方だと人が集まってやっとだからレベルも文化も違う人がごちゃまぜ

憂那
初心者の会といってもうまい人が多いから行きにくい

しぐれ
初心者に優しい経験者を育てることが大切

人狼市場が古参であふれかえってしまって面白くないし初心者も育たない
「オタクの人狼」にしない

U-MA
主催の特徴によって目的を決めて会を選ぶ。それらのイベントで満足できるから店舗に行く必要がない

イッセイ
ユーザーを育てるという意識が店舗や主催者側にあるのか

だれがどういうサービスを提供するのかが大切であって
その林立や種類の多さが課題ではない

意識の低い人たちの作ったユーザーを育てない界隈という課題

消費者に選択の自由があるからそれらをどう引き込むか

サービスの提供者としての魅力が必要
誰がどういう風に人狼会をやって行くかを交通整理すればいい

 

 

テーマ2 今後の市場の発展に我々は何をすべきか

 

のりたま
人狼の大会や人狼YouTube放送、いろんな人狼団体の遠征や交流などが増えてきた
まだまだブームや拡大の余地はあるのではないか

えなみん
地方を盛り上げて行く動きが大切。

りょっくん
そもそも人狼って流行っているのか問題

えなみん
りぼんの雑誌に人狼ゲームの遊べるカードのセットが付録でついていた

小杉
修学旅行で小学校6年生の姪っ子が人狼をおぼえてかえってきた。

なつき
知り合いの高校では4時間目の授業で人狼をやったらしい

えなみん
有名YouTuberがプレイしているのもある

のりたま
人狼ジャッジメントとかのオンラインアプリも普及の一端を担っている。最近オンライン人狼から対面人狼に入ってくるお客さんによくお会いする。

デーブ
人狼の発展には悲観的なほう

始めても続けることが大切だしその環境が整えにくい

地方に行くと先細りしている感覚があるし会が限定されていて行きにくい

機会の不平等があるから内輪感も増してきている感覚がある

ゲスグチ
市場の発展とは商業的な利益なのか人口の増大なのか?

人狼人口が増えるとトラブルが増えるからそれらに対応する土壌づくりが必要

人狼の入りのゲートが違うと混ぜるのは危険 住み分けが大事

しぐれ
マーケットを増やすということに関して僕らにできることは何もない

たとえばがおがお会のKAZUYAや芸能系の
拡散力のある人や芸能人がインフルエンサーとして広めることしか意味がない

俺たちは井の中の蛙でしかなくて東京のマイナーカルチャーとしての広まり

りょっくん
自分たちができることはそういうインパクトがあったときの受け皿
それらがきっかけで人狼を始めた人たちへアプローチができる集団であるべき

なつき
こんどうようぢくんとか若い子に人気の人たちとやっているのも影響にはなるのでは

ゲスグチ
消費者は基本自分が楽しめればいいってのが普通

りょっくん
しぐれさんが言ったことがごもっともではある
芸能人とかが人狼をやる中でどーんとブームが来ることがある

その時に人狼を始めやすい場所人狼を楽しめる環境をつくっておく

小杉
Abemaのななにー人狼(元SMAPの3人による人狼番組)とかでトレンドになりつつある

なつき
正直集まっている大半はそういうこと考えていなくて自分が楽しめればいい
それを含めて主催がその中でどう育てて行くかを考えていくべき

のりたま
お店で芸能人とやったこととかを残し拡散はできる
そこからお客様をどう増やすのか
インフルエンサーの活かし方が難しい

ゲスグチ
拡散や影響力には結局人の力だから極論AKBとか使えばいい

なつき
のりたまの強い人脈から教えてくれる人とか味方にできるのでは
人狼の人脈をつかってプロから学んで行く
人狼界隈って本当にいろんな界隈の人がいるからそれを活かせる

U-MA
人狼って悪い意味ではなくネットワークビジネスの要素が強い
人から人へつながっていくという魅力

小杉
自分たちみたいなおっさんは人と交流する目的での人狼会参加もある
自分より若い人とか人と交流したいって思いもある

りょっくん
人狼始めてから多くの人と仲良くなれて人狼に救われた感じもある
だから今でも人狼やっている

しぐれ
人狼のコミュニケーションについて問題を感じている
世代の違う人たちとのジェネレーションギャップはある
人狼おじさんたちは問題起こしやすいと若者たちに思われがち

イッセイ
人狼をやっているおじさんたちが問題ある人たちに偏る可能性はある
逆に若い人でもこの人はちょっとという人もいるから
セグメントの問題というより個体差の問題

りょっくん
人狼って老若男女いるゲームっていうのがすごい

えなみん
そういう問題ある人を厚生して行くべきなのか排除するべきなのか

厚生はすることは難しいけどコミュニティは発展にはならない

そういうルールは明文化されていなく紳士協定で曖昧
そこに対して規則を作るべきなのか

ゲスグチ
そういう規制ができるのは社会的権力のある人
芸能人とか権威ある人にやってもらう言ってもらうしかないのか

えなみん
実際問題おじさんに注意はしにくいししても聞かないから

イッセイ
筋が通っていて正論で尊敬できる人からの意見なら普通の人は聞く
聞かない人は排除するしかない

 

 

テーマ3 人狼最強プレイヤー育成講座

 

配役…人狼3/予言者/霊媒師/狩人/狂陣/市民6 でプレイ。

1日ごとに投票前に初心者質問タイムを設ける。1日ごとに丁寧に振り返り。

 

 

ゲーム後振り返り

 

えび「今回のゲームではないが初日の投票先ではグレランでどこに投票するかが難しい」

 

しぐれ「なんで?っていう違和感をどこで感じるかを初日は大切にする」

 

えなみん「人狼は理由を捻じ曲げなきゃいけないから嫌な感覚がある」

 

のりたま「議論姿勢とか人狼を探すための積極性とかで見極めるし、人狼だったらこんなこと言わないだろうみたいな要素もある」

 

しぐれ「人狼は仲間を知っているから考えるコストが少ないから、理論の飛躍がおこってしまいがち」

 

えなみん「逆に仲間をかばうから人間を疑うのに理論をつけなきゃいけないから捻じ曲げるという違和感が生じやすい」

 

りょっくん「人狼の基礎を大切にしてほしい、投票行動を大切にする、死んだ人が何を言っていたか確認する、占い理由を明確にする、投票対象を絞ってきちんと話を聞くのが大切」

 

のりたま「各々がしゃべっていて議論の結論がどうまとまっていくかを大切にする」

□総括は次記事で

カテゴリー一覧:イベント , ブログ
タグ一覧: